So-net無料ブログ作成
検索選択

旧約聖書は、古代社会の支配体制(イデオロギー)に対する革命 [聖書研究]

神話(宗教)の世界では、古い神話(宗教)体制から、新しい神話(宗教)体制への転換に伴い、従来信仰されていた神が、悪魔や邪悪な神の立場に転落する例が頻繁にあります。

例えば、中世キリスト教社会での魔界の大公爵アシュタロスは、バビロニアでの豊穣の女神イシュタルが変換された者です。

ですから、サマエル(神への反逆者・蛇)やリリス(淫らな女妖怪)など、旧約聖書体制の立場から見た悪役は、旧来の支配体制においては主神であったのです。

創造神エンキの母は、混沌の海の竜であるナンムー女神でした。ギリシャ神話では、エンキは大蛇の創造神オピオーンに相当し、エンキの母ナンムーは、大蛇のオピオーンを産んだエウリュノメーに相当します。

そして、愛の女神イナンナ(イシュタル)はナンムー女神・エウリュノメーの系譜に属し、アプロディーテーやリリスに繋がります。

サマエルとリリスとエンキとナンムー女神とカイン(ユダヤの伝説ではカインはサマエルの子供が蛇に関係するのは偶然ではありません。

これらは、名称が異なるが、元来は同一人物なのです。

*******************************************
ユダヤ人は、唯一神(ヤハウェ)概念を構築して、従来の異民族の支配体制(イデオロギー)を転覆させ、旧約聖書体制を創ろうと図りました。

旧約聖書とは、従来の創造神エンキ(=サマエル)を頂点とする異民族の支配体制(イデオロギー)に対する、
ユダヤ人の革命 なのです。

*******************************************

*失楽園神話において、蛇(=サマエル=エンキ=智恵の神)がエバに智恵の実を勧め、エバもアダムに智恵の実を勧めます。

そして、最終的にエバとアダムは、エンキの属性である、智恵と生殖(=豊穣多産儀礼)に伴う死を受け入れます。ですから、蛇(=サマエル=エンキ=智恵の神)とエバとアダムは神話解釈的には同一系統に属する者なのです。

旧約聖書では、回りくどい物語で、本来のエンキの立場(属性)を、蛇とエバとアダム(とヤハウェ)に分割している訳です。(ユダヤ人聖書編纂者がエンキの属性を分割して、蛇とエバとアダムとヤハウェに再構成した)

そして、唯一神(ヤハウェ)は、蛇とエバとアダムを揃って罰します。
(従来のエンキ体制の否定)
さらに、旧約聖書は、従来の創造神エンキ(=サマエル)を頂点とする異民族の支配体制(イデオロギー)に対する、ユダヤ人の革命という意義を持つだけでは、ありません。

実は、旧約聖書は、唯一神(ヤハウェ)の支配体制に対する人間側(アダム)の革命という意義を含有しています。

換言すれば、旧約聖書は、従来の異民族の支配体制(多神教)の転覆と、唯一神(ヤハウェ)の支配体制に対する転覆の、二重の転覆を狙っているのです。

しかし、唯一神(ヤハウェ)の支配体制に対する転覆(革命)の意図は、巧妙に削り取られ、隠されてしまいました。

その痕跡が、「イスラエル」=< 神 対 人間 の戦い>という言葉に現われています。

*失楽園神話において、唯一神(ヤハウェ)は、従来の異民族の支配体制(=蛇=サマエル=エンキ)と、人間(=アダム=エバ)の
両方を断罪して、圧迫します。

ところが、従来の異民族の支配体制(=蛇=サマエル=エンキ)は唯一神(ヤハウェ)に敗北し、滅亡しますが、
人間側(=アダム・エバ)は、ヤハウェに反撃し、抵抗します。智恵の実を食べ、永遠の命の木の実を獲得しようと企てる

旧約聖書は複雑な二重・三重構造を有しています。

*******************************************
以上述べた様に、旧約聖書は、古代社会の支配体制(イデオロギー)に対するユダヤ人の革命という意義を有しています。
そして、そのユダヤ人の革命(戦い)は、3000年後の現在も継続されているのです。
キリスト教・イスラム教・仏教・共産主義という姿で


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

旧約聖書を、どう捉えるべきか? [聖書研究]

旧約聖書を、どう捉えるべきか?
普通は、道徳書として捉える。
歴史書として捉える人も多い。
無神論者には、神話として捉える人も多い。
だが、経済学書として捉える人が、一番正しい。
そして、ユダヤ人は、旧約聖書から経済を正しく学ぶ。
だから、ユダヤ人は経済的に成功する。
経済とは、人間が生き延びる方法なのである。

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

他の宗教を信じる方には不憫だが、 [聖書研究]

他の宗教を信じる方には不憫だが、
ユダヤ教は他の宗教より、圧倒的に優れている。
(私はユダヤ教を信仰しないが、豚肉は食べない)

nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

人間が死ななければならない理由 [聖書研究]

人間が死ななければならない理由は、SEXした本人が生き続けると、人口増加が制限できなくなり、地球上に人間が溢れ、食糧が足りなくなるからです。(当たり前ですが)

だからこそ、<善悪の木の実>(性交)を食べると、死ななければならないのです。(自然=神の摂理
人間は、自己の命を子孫に分け与える代わりに、自分は死ななければならないのですね。

人間は、<善悪の木の実>(性交・智恵)を食べて、死ぬ事によってのみ<生命の木の実>(永遠に続く命)を獲得できるのです。

ところが、聖書では、神(自然)が、アダム(人間)の行為を断罪して、ケルビムに<生命の木>を守らせ、人間の生命が存続する事を妨害します。

この話は、人類の歴史が、<生命の木の実>(永遠に続く子孫)を獲得するための、神(自然)との戦いである事を表現しています。

そして、聖書では、<その戦いの代表選手>としての役割を、<イスラエル=神と闘う者>(ユダヤ人)に付与しています。(選民として神と闘うユダヤ人)

それが、ヤコブ(イスラエル)が行った<神(自然)との組み打ち>の意味です。

人間は、自らが生き延びるために、神(自然)と格闘しなければならないのです。
サラリーマンは仕事が格闘に相当する

<永遠の生命>の意味 [聖書研究]

私は、アダムとイブ(人間)が生命の木の実を食べて、永遠の命を得る事の意味を深く考察しました。そして気付きました。

人間(アダム)が、<永遠の生命を得る事>とは、何を意味するのか?

それは「アダム個人」が<永遠に生きる事>を意味するのではなく、アダムの<子孫が永遠に存続する事>を意味するのです。

譬えるならば、読者の御子孫は、読者のDNAを受け継いだ、読者の命の分身です。ですから、読者の御子孫(DNA)が存続する事は、読者が<永遠の生命を得る事>と同じ意味なのです。

又、<善悪(智恵)の木の実を食べる>とは、明らかに<性交・SEX>を意味します。それはラテン語でSEXが、元来<分別する/智恵>を意味した事からも類推できます。

ともあれ、<善悪の木>と<生命の木>のエピソードは、聖書理解のためには、最重要です。

読者が死んでも、読者の御子孫(DNA)は存続するのです。それが<永遠の生命を得る事>の意味なのです。

善悪の木の実を食べる事>=<性交・SEX>により、人間は<永遠の生命を得る事>(子孫を存続させる事)が可能になる訳です。

<永遠の生命を得る>(子孫を存続させる)ためには、<善悪の木の実を食べる事>=<性交・SEX>が必要不可欠なのですね。
(当たり前ですが)




nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

ヤコブが行った<神との格闘> [聖書研究]

ヘブライ聖書の持つ意義は、ヤコブが行った<神との格闘を、そのまま素直に受け入れて、ヤコブの改名したイスラエルという名前の意味を、神と戦う者> 解釈するのか、(無信仰的解釈

それとも、信仰者(キリスト教徒・ユダヤ教徒)の様に、<神との格闘>を、そのまま素直に受け入れず、「イスラエル」という名前の意味を、神と戦う者> 解釈しないのか、(信仰的解釈
によって、180度・正反対になる。

 この事は、信仰者キリスト教徒・ユダヤ教徒)と無信仰者の間の対立を意味する。
 なぜなら、神と戦う者> と解釈すると、<神に服従する者>という信仰的美徳・理想、に反する意味になるからだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

☆創世記の新解釈☆ シュメール・ギリシャ神話による考察 [聖書研究]

創世記を理解するためには、その時代的背景となるシュメール文化を解明せねばならない。
次に、シュメール文化の伝統的基本である、知識(智恵・科学)の尊重と、その正反対の意味を持つ呪術的儀礼(豊穣多産儀礼)を理解せねばならない。
そのためには、ギリシャ神話を理解せねばならない(ギリシャ神話は、シュメール文化の伝統を継承しているから)
結果的に、創世記(ユダヤ思想)は、シュメール文化の伝統的基本である、知識(智恵・科学)の尊重と、その正反対の意味を持つ呪術的儀礼(豊穣多産儀礼)のうち、知識・智恵の尊重>残留させ、<豊穣多産儀礼廃棄しようとしたのである。
*<知識・智恵の尊重ヤコブ代表させ、<豊穣多産儀礼カイン代表させた
知識・智恵の所有者> エンキ(鍛冶神) ⇒ カイン(鍛冶師) ⇒ ヤコブ

タグ:シュメール
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

真実を知りたい人のために [聖書研究]

真実を知りたい人のために


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

ユダヤ民族の歴史の意味 [聖書研究]

ユダヤ民族は、周辺諸民族が行っていた、呪術的犠牲儀礼タムムズ・バアル儀礼など)を、否定しようとした。
古代諸民族は、この呪術的犠牲儀礼において、人間を犠牲として殺害することにより、豊穣多産が齎され、共同体の食糧が確保できる、と考えたのである。
この場合、人間を犠牲として殺害することは、共同体の食糧を確保するために、共同体の人口を減らすことを意味している。
それは、別の角度から見れば、自然(神)の産出できる食糧は有限なので、その有限な食糧供給量に合わせて、人間共同体の人口調整を行う事を意味している。
この場合、人間を犠牲として殺害することは、人間が自然(神)の力に屈服する事、を意味している。
だから、ユダヤ民族が、周辺諸民族が行っていた呪術的犠牲儀礼タムムズ・バアル儀礼など)を、否定しようとした事は、人間が自然(神)の力に屈服する事を拒否する事、を意味している。
ところが、自然(神)の力は強大なので、人間が自然の力に屈服する事を拒否する事、は容易な事ではなかった。それ故、人間犠牲を否定する事も容易な事ではなかった。
そして、人間犠牲を否定しようとしたユダヤ民族自身に、人間犠牲の役割が降り懸ってしまったのである。
それが、ユダヤ民族の歴史の特徴である。(ホロコーストなど)
それ故、ユダヤ民族は、その人間犠牲の役割を拒否する為に、あらゆる艱難辛苦に堪え、自然(神)の力に抵抗して、戦わなくてはならないのだ。
だから、ユダヤ民族は、世界(=自然の力を変革する思想や技術の最先頭に立つのである。

シュメール・ギリシャ神話による聖書の考察 [聖書研究]

シュメール・ギリシャ神話による聖書の考察 

  ★ シュメール・ギリシャ神話による聖書の考察・理解 ★

過去数百年、オリエント地域では、膨大な量の考古学的遺物が発掘されてきた。

それらの中でも、シュメール・アッカド文明に関連する、粘土板に記された文献は、非常に重要な意義を持つ。

それらの文献は、聖書の基本的主題についての、従来の考え方を、<根本的に変革する事>を、我々に要求している。

シュメール文明は、紀元前3000年紀において、既に二次式や幾何学を研究したり、高度な建築技術・冶金術・法律体系を擁する、驚くべき文明であった。

そして、その文明を受け継ぎ、発展させたのが、ギリシャ文明とヘブライ文化なのであった。

本書では、この様なシュメール・ギリシャ両文明の神話資料から、聖書の考察・類推を行い、基本的主題の解明に努めた。

その結果得られた基本的主題とは、「イスラエル=神と戦う者」という主題であった・・・・・・・

ヤコブが、神と戦って、「イスラエル」に改名した事は、いったい何を意味するのか?

それを解明する鍵は、シュメール・ギリシャ神話に存在したのである。この鍵によってのみ、聖書の扉を開く事が出来るのである。

我々は、遂に、聖書の真の構造・主題を、実証的に解明する時期に到達したのである。

本書では、<律法の意義>の再構築も試みている。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。