So-net無料ブログ作成

☆創世記の新解釈☆ シュメール・ギリシャ神話による考察 [聖書研究]

創世記を理解するためには、その時代的背景となるシュメール文化を解明せねばならない。
次に、シュメール文化の伝統的基本である、知識(智恵・科学)の尊重と、その正反対の意味を持つ呪術的儀礼(豊穣多産儀礼)を理解せねばならない。
そのためには、ギリシャ神話を理解せねばならない(ギリシャ神話は、シュメール文化の伝統を継承しているから)
結果的に、創世記(ユダヤ思想)は、シュメール文化の伝統的基本である、知識(智恵・科学)の尊重と、その正反対の意味を持つ呪術的儀礼(豊穣多産儀礼)のうち、知識・智恵の尊重>残留させ、<豊穣多産儀礼廃棄しようとしたのである。
*<知識・智恵の尊重ヤコブ代表させ、<豊穣多産儀礼カイン代表させた
知識・智恵の所有者> エンキ(鍛冶神) ⇒ カイン(鍛冶師) ⇒ ヤコブ

タグ:シュメール
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

真実を知りたい人のために [聖書研究]

真実を知りたい人のために


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。