So-net無料ブログ作成
検索選択

創世記を、もう一度解説しておきます [聖書研究]

創世記の前半部分の主要なエピソードは、ユダヤ人聖書編纂者シュメールのエンキ神神話を換骨奪胎して創作したものです。

ユダヤ人聖書編纂者は、古代オリエント社会で広く信仰されていたエンキ神(鍛冶神)の業績(行為)を、ユダヤ風にアレンジしてヤハウェ神に帰着させたのです。

又、ヤコブ神と組打ちをするエピソードは、鍛冶神(エンキ神)信仰クライマックスであろうと考えられます。

さらに、「ソロモンの雅歌」も、鍛冶神(エンキ神)信仰のうちの豊穣儀礼聖婚歌)に由来するものと考えられます。

これは述べて置かなくてはなりませんが、だからと言って、創世記鍛冶神(エンキ神)信仰の意義を全面的に踏襲(トウシュウ)したのではありません

創世記は、鍛冶神(エンキ神)信仰の意義のうち、<知恵の尊重>をヤコブに代表させて残し、豊穣多産儀礼>をカイン(西セム語で鍛冶師の 意)に代表させて廃棄しようと目論んだのです。

*だから、やはり、創世記は、古代オリエント社会で広く信仰されていたエンキ神信仰(多神教信仰を否定しようとしています。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 2

軟骨


自分だけのアイドルが欲しいと思いませんか?
自分だけのラブドールが欲しいと思いませんか?
http://i8-cu1j.idol.tko48.net/i8-cu1j/
by 軟骨 (2011-10-01 04:39) 

マキ


最近元気してる~?
全然連絡ないから心配してるんだよ☆
メールしてね
http://cu-xkz5.w.uqtera.com/cu-xkz5/
by マキ (2011-10-07 22:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。