So-net無料ブログ作成
検索選択

ユダヤ民族の歴史の意味 [聖書研究]

ユダヤ民族は、周辺諸民族が行っていた、呪術的犠牲儀礼タムムズ・バアル儀礼など)を、否定しようとした。
古代諸民族は、この呪術的犠牲儀礼において、人間を犠牲として殺害することにより、豊穣多産が齎され、共同体の食糧が確保できる、と考えたのである。
この場合、人間を犠牲として殺害することは、共同体の食糧を確保するために、共同体の人口を減らすことを意味している。
それは、別の角度から見れば、自然(神)の産出できる食糧は有限なので、その有限な食糧供給量に合わせて、人間共同体の人口調整を行う事を意味している。
この場合、人間を犠牲として殺害することは、人間が自然(神)の力に屈服する事、を意味している。
だから、ユダヤ民族が、周辺諸民族が行っていた呪術的犠牲儀礼タムムズ・バアル儀礼など)を、否定しようとした事は、人間が自然(神)の力に屈服する事を拒否する事、を意味している。
ところが、自然(神)の力は強大なので、人間が自然の力に屈服する事を拒否する事、は容易な事ではなかった。それ故、人間犠牲を否定する事も容易な事ではなかった。
そして、人間犠牲を否定しようとしたユダヤ民族自身に、人間犠牲の役割が降り懸ってしまったのである。
それが、ユダヤ民族の歴史の特徴である。(ホロコーストなど)
それ故、ユダヤ民族は、その人間犠牲の役割を拒否する為に、あらゆる艱難辛苦に堪え、自然(神)の力に抵抗して、戦わなくてはならないのだ。
だから、ユダヤ民族は、世界(=自然の力を変革する思想や技術の最先頭に立つのである。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。